FX相場がトレンドに従う理由

by author



FXに限ったことでもないのですが、株でもビジネスでも、ギャンブルでも止めるときには止める必要があります。


FXの場合、儲けを出して、いつまでも売買を続けていたら、結局はトレンド転換を見損ない、大損する可能性も出てきます。


運用資金が元手の何倍にでもなっていれば、何分の一かの損失は問題になりませんが、そうでなければ撤退するときには撤退しなければなりません。


幸い、為替取引の場合、政府が経済政策や為替政策に関して、かなり明確なシグナルを出してくることも珍しくありません。今回の円安は、選挙結果が予想された頃から円安トレンドが始まりました。



その後、政府要人による発言で、円安トレンドは更に勢いを増し、具体的にどの程度までの円安を狙っているのかがわかってきています。
現在は上げが一服していますが、1ドル110円から最高120円くらいまでの円安を望んでいることが窺い知れます。



そこまで行くかどうかは、はっきりとわかっていることではありませんが、そのレベルを希望していること、1ドル90円付近ではかなり底堅いであろうことはわかります。

FXなどの相場の動きが、一度トレンドを形成すると、上がり続けたり、下がり続けたりするのは、物事が結局は平均に回帰しがちだ、という法則に則っています。



心理学でも、平均への回帰、という法則がありますが、相場もこれと同じことです。

一度上昇を始めると、平均値も上昇し始めるので、何らかのきっかけがない限り、上がり続けることが多くなるのです。

このため、例えば、今回の円安相場のように、あまりに極端に上昇すると、結局は調整をして、平均値へ回帰しようとするのでしょう。

逆に言えば、こうした法則に則って、急激に平均値から外れた動きをしたときには、FXで儲けるチャンスでもあります。



こうしたチャンスを掴むために、FXでも移動平均乖離率などに注目して売買することができます。



現在は、調整局面を迎えているFX相場ですが、平均的な上昇トレンドが続いている状態であれば、押し目を狙って買いを入れていく作戦が有効になってきます。

http://kabukabu-kenkyu21.com/
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n322641
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n326292